2020年05月30日

息子とパズル

佐々木です。

今日は、4歳の息子が家で暇そうにしていたので、おもちゃを買って

あげました。ずっと自粛を守って、がんばってきたし、ご褒美の意味も

あります。


で、そのおもちゃが「クラッシュアイス」というのですが、面白かったです。

氷を模した多角形のピースを組み合わせて、その上にペンギンを置く。

それから交互にピースをトンカチで落としていって、ペンギンが落ちたら負け。

ピースのつながりを見て、どこを落とすとどこが崩れてしまうか判断しながら

進めていくわけです。一種のパズルゲームと言ってもいいと思います。


息子は、本はあまり読まないんですけどパズルは好きみたいで、このタイプの

ゲ-ムをよくやってます。お魚を組み立てるパズルとかも、集中してやって

ました。


私が本好きなので、できればもう少し本も読んでほしいですけどね。。でも

無理強いは禁物なので、好きなパズルをどんどんやらせてあげようと思ってます。


では、今日はこのへんで。
posted by 明ゼミ先生 at 19:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

学習手帳、役立ってます

佐々木です。

学習管理に手帳を導入して2ヶ月経つのですが、導入前より明らかに家庭学習の

量は増えたように感じます。

他にも、手帳を見ながらだと、普段の生活について一緒に改善点を見つけたり

できるので、今のところ、非常に役立っています。もちろん、生徒によっては

書いたり書かなかったりですが、少しでも学習の振り返りや計画を意識して

くれれば、それでオッケーだと思っています。


来週からは、ついに高校授業が開始されます。今日授業に来ていた高校生の

みんなも、「がんばるぞ」の気持ちがみなぎっていました。


本当に、このまま大きな感染が無いことを祈るばかりです。


では、今日はこのへんで。
posted by 明ゼミ先生 at 21:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

英語の勉強法をまとめながら、感じたこと

佐々木です。

先日、英語の勉強法について発表する機会がありまして。

それで、色々とまとめていたのですが、これが結構たいへんでした。


というのも、目標によって、勉強法はけっこう違ってきたりするんですね。

まあ、これは英語に限った話でもないと思いますが。。


一例を挙げますと、「洋画を字幕無しで見たい」「日常会話が分かるように

なりたい」という目標の場合、受験勉強のようなやり方だけでは、難しい

ものがあります。

なぜか。受験勉強では、リンキングに関しての学習が必要ないんですが、これが

上に挙げた目標には、非常に大事だったりするんですね。

リンキングというのは、「Did you~?」を「ディジャ~?」と言ったり、

「going to~」を「ゴナ~」と言ったりするものです。

リンキングに慣れていないと、洋画や日常会話は全然聞き取れません。

実際、私がアメリカで勉強していた時も、「want to」を「ウワント トゥ」と発音

している人は周りにいませんでした。皆、「ワナ」と言ってたので、

「I want to see him.」は「アイワナススィィム」。最初は何て言ってるかさっぱり

でしたね。


ただ、受験合格のために勉強する場合、あまり必要ない知識です。高校受験や

大学受験のリスニングでは、しっかり1語1語区切った発音をしてくれますので

リンキングがマスタ-できていなくても、点数は取れます。


目標に合った勉強法を提示できているか。。英語講師として常に意識するべきである

と感じた次第です。


では、今日はこのへんで。
posted by 明ゼミ先生 at 22:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする